【エンジニア選び】レンタルサーバーおすすめ2選

ITエンジニア
スポンサーリンク

現在日本のレンタルサーバーを提供している業者が多くて、選びには時間がかかり大変です。
レンタルサーバー選びより、コンテンツの方に集中した方がいいため、この記事がおすすめのサーバーが2つだけ紹介します。

自分がレンタルサーバーで自分のブログを運用しており、Web制作でたくさんのサーバーを使うことがありまして、そして、エンジニアとしてAWSなどのサービスを利用しております。この記事を書ける経験がありました。

結論:
■万人におすすめ:エックスサーバー(スタンダード)
できるだけ安く方におすすめ:コアサーバー


レンタルサーバーの用途

レンタルサーバーではサーバーとソフト両方レンタルするイメージです。

サーバー上のソフトは共有のため、自分が独自に変更できないです。自由にソフトを変更したい場合、AWSなどのサービスを利用すべきです。

レンタルサーバーの用途として、下記3つです。

1、静的HPの公開
2、WordPressなどのCMSの公開
3、メール運用

万人におすすめ:エックスサーバー

利用料金は月額1,000円くらいです。実際に使って、すごいと思うところを紹介します。

ユーザー目線で効率よく操作できる

エックスサーバーの「サーバーパネル」が非常に洗練されています。


例えば、WordPressの運用上、DBが必要です。サイトを作成する時、DBを作成する必要で、削除する時、関連のDBも削除しないといけないです。
でも、エックスサーバーでは意識しなくて、自動的に管理されています。非常に効率的と思います。

特に削除する時、WordPressに関連するDBを探すのは、PHPファイルを確認する必要ですが、エックスサーバーでは下記の「ドメイン設定」で削除すれば、全部削除してくれます。

セキュリティ的に安心

SSH認証では公開鍵認証方式で、従来のパスワードより安全性が高いです。

技術的なところを知りたい方が下記の記事をご参照ください。最新の認証技術で、安全性が高いと認識してもらうと大丈夫です。

便利の機能がたくさん

本来WordPressのプラグインで対応する機能では、エックスサーバーでは必要な対応がしております。
例えばWordPressの移行、高速化、RestAPIの禁止などエックスサーバーのバネルで設定することできます。

基本欲しい機能が既に対応していると思います。改善し続けている結果になります。


できるだけ安く方におすすめ:コアサーバー

このサイトではコアサーバーを利用しております。費用が月額220円で、非常にコスパがいいです。
個人利用するなら多少トラブルがあっても対処できますが、お客様にはおすすめしません。

詳細のレビューが下記の記事をご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました