プログラミング独学が全然あり┃最短学習方法を公開

ITエンジニア
スポンサーリンク

ハイテクのトレンドが今後も続くと思い、現在ITの仕事を希望する方が増えています。プログラミングの学習が独学でできる?
この記事の執筆者は10年以上現役ITエンジニアで、大学で少しプログラミングを触ったが、正直ほとんど分からなかったです。それからずっと独学でプログラミング学習しました。
これまで習った言語の一部(実務経験のみ)を紹介します。Javascript、PHP、Java、Nodejs、Python、Swift、SwiftUI

この記事は自分の経験を踏まえて、プログラミング独学の方法、コツをシェアします。役に立つなら幸いです。


学ぶ対象を決める

作る対象から選ぶ

プログラミング言語では数多く存在しており、時代により淘汰されたものもありますが、基本優劣がなく目的により選ぶ必要です。

例えば、Webサイト作りたいなら、Javascript、裏のロジックの部分を組みたいならJavaやNodejs、Iphoneアプリ開発したいならSwiftなど、目的により選ぶ対象が違います。

仕事スタイルから選ぶ

言語の特徴から仕事スタイルも違います。Web制作なら中小企業の案件で一人でも完成できるため、自由度が高いフルリモートになりますが、仕事の期間が短くて、すぐに別の案件を取る必要もあります。大規模開発を向いている言語、Java、Swiftなどはチームで開発するため、現在フルリモートも多いけど、偶に出勤する場合もあります。期間が長いため、相対的に安定しています。

選ぶのは迷いの場合、最初にJavascriptがおすすめします。

・Webの開発なら必要不可欠で、現在でも使え続けています。最新でモダンJavascriptフレームワークのサイト制作が増え続けており、段階的に勉強できます。
・バックエンドでもNodejsを利用すれば、Javascriptと同じ記述で開発できます。

基礎知識を知る

学ぶ言語を決めたら、その言語の基礎知識が学びましょう。
学ぶ方法がたくさんありますが、本とYoutubeやドットインストールで十分です。

本では最初から数冊を読みましょう。一冊だけなら理解できない部分が、別の本で理解できるようになることがあります。自分の場合、とりあえず関連の本を全部一通り読みました。

例えばJavascriptのススメは:

独習JavaScript 新版
JavaScript 第7版

本を読みながら、実際にプログラミングするのは大事です。そして、本の中身を全部理解できないと思いますが、それでいいです。経験を立ってから、読み替えればまた理解を深まります。

そしてYoutubeでも最近初心者向けのコンテンツが多くありまして、それをご飯を食べながら見るのもいいと思います。自分がよく食事しながら勉強しています。

そして、この段階ならそんなに時間が掛からないと思います。数週間から1ヵ月くらいで十分です。なぜならこの段階は正直本当の勉強ではなく、準備だとと思います。長くすることもあんまり意味がないです。いつも準備ばっかりで本番にはいかないようなものです。


自主練:しなくでもいい

これから案件を取るために、学んだプログラミング言語で何か作った方がいいと思いますが、経験者の立場から別にしなくでもいいです。

理由として:
・仕事ではないため、やる気が出ない。
・スキルがなく、詰まることが多く、思った以上に時間がかかります。そして期限がないため、ついつい長引いてしまう。
・今後の案件取るにはあんまり役に立たない。初期の段階の成果物には完成度が低いです。

案件しながら勉強:一番大事

一番成長できる方法は仕事で勉強する方法です。これは一番大事で、プログラミング勉強ならこれを通らないと成長できないと思います。

それを分かったけど、仕事を取れない悩みが多いと思います。最初の壁は初仕事です。

仕事取る方法として

知り合いからの紹介

知り合いがあれば、これは最強です。自分も含めてそれはなくて、自立で探すしかないです。

クラウドソーシングで探す

Lancersだけでいいと思います。ランキング制度があり、他より比較的悪質な依頼者が少ないです。自分が最終的にLancersだけで顧客を獲得しております。

優良顧客に出会えるかとうかは運の要素が大きいです。
とりあえず、最初はひたすら提案しましょう。無視されることが多いけど、最初は仕方ないです。
自分が60%くらいできると思った案件なら、恐れずどんどん提案しましょう。仕事しながらできない40%は段々できるようになりますし、その過程で成長できます。完成したら達成感があり、それが気持ちいいものです。そうすると逆に最初から100%できる仕事がしたくなくようになります。

エージェント経由

大きな案件を参加したいやフルタイムで仕事したい場合、エージェント経由で仕事するのはありと思います。LancersでもLancers Agentありますし、他のエージェントでも問題ないです。

これから案件獲得するには、行動しかないです。


プログラミングスクールを否定しない

プログラミング独学が全然できますが、お金の余裕があれば、スクールを通っても悪い投資ではないと思います。特に仕事の紹介をサポートするスクールなら価値があると思います。自分一人の場合、数ヶ月かかるけど、スクールなら時間の短縮できます。

TECH CAMP : 有名なプログラミングスクールで仕事紹介のサポートもあります。無料カウンセリング してみるのはありと思います。

まとめ

最初のプログラミング言語を学習できれば、後は応用できます。IT業界では常に新しいモノを生まれて、進化が早い業界です。その業界で生き残るためには常に勉強する覚悟が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました