【保存版】FXに役に立つ名言集∞選

FXトレード

FXは事業と同じ、takeoffまで長い助走が必要です。その苦しい過程を乗り越えるため、背中を押せる言葉が厳選しました。苦しいとき充電できる言葉を探してみてください。


FXに役に立つ名言集∞選

才能がある敗者

人間が失敗から学ぶしかできない生き物。一部天才を除き、ほぼすべての人間が失敗しないと成功できない。そして学ぶために多く負けるする必要、勝てないのは負ける回数が足りないのせいと考えた方が妥当。

別に同じ失敗してもいいです。同じ失敗すると、落ち込むけど、逆に同じ失敗を繰り返しないとパターン化特定出来ない。新しい事を挑戦する時、必ずこういう低迷期があります。途中で耐えきれず諦める人もいる。乗り越えてtakeoffする人もいる。

乗り越えるためにやる事がシンプルで、ひたすら考えて、分析して、改善する。

種まきの法則

因果関係の法則にも言えます。よい種を撒けばよい実がなり、悪い種が撒けば悪い実になる。

良い実か悪い実がすぐには分からなく、人生において数年後に結果が分かることが多い。現在悪い事が起きたなら「やはりあの時の……」と気づいた事がよくあります。

短期思考をやめ、偶然な勝利を諦め、良い種を撒き続けれる事が大事。

人生が短い、1回の教訓で十分で、数回ループしたら人生終わっちゃ。今は人生で一番若い日ので、今から悪い種を撒かない、良い種だけを撒きましょう。

誰でもできる事を誰でもできないくらいにやる

トレードだけではなく、株の長期投資もそう、人生でうまくいく人がそういう経験がある。

誰でもできないくらいやったこそ、最終的体に覚えられて無意識的にできるようになる。スキル習得過程があります。

①無知

最初は無知の状態、何も知らない。何を知らないすら知らない、二重苦です。例えばFXが何か知らない人。

②知る

少し知識や情報をインプットすれば、知る状態にたどり着ける。例えばFXが為替トレードの事で、色んなスタイルを知る人。

③分かる

本質、原理原則を勉強すれば、ようやく分かる段階になります。この段階で留まった人大勢居ると思います。そしてアウトプットしてなくて分かるつもりになる事が多いです。

例えばFXの値動きの本質を心理で動くことを分かった

この段階から先に進めたければ、行動するしかなく。誰でもできる事を誰でもできないくらいやらないと次のステージでたどり着く事ができないです。近道がないです。早く成果を出す人でもこれをさっさとやれる人です。

④意識的にできる

練習、実戦して成果を出し始める頃、これをできたと思った時、このステージに登りました。恐らくこのステージなら上位10%以内に入ると思います。このままでも十分かもしれないです。もっと上を目指すなら、やる事が同じで、経験を積んで無意識に刷り込まれるくらいやること。

⑤無意識にできる

ここは到達点。無意識にできるので、完全に自分のモノで考えなくてもできて、そして余裕の分、他の事を気づきやすくなります。

③まで簡単に行けるけど、その後④⑤に進むには非常に深い溝を超える必要があります。

欲しいのはお金ではなく、お金を稼げる自分

お金が使ったらなくなりますけど、スキル身につけて稼げる自分が存在すればお金に困る事なくなります。そしてこういう成功経験があればどうな事でも這い上がる事ができます。

勝者と敗者はマインドセットが違って、当然スタートラインも違います。

勝者が最初から勝者である。敗者が最初から敗者です。

勝者が成長を求める、敗者が勝つ方法を探す。

欲しいのはスキル、そして壁を超える経験です。お金がこの旅のゴールに辿り着く時に付いてくるモノです。

勝ちは勝ち、負けも価値

トレードするなら勝ち負けを繰り返します。勝てるトレーダーでも必ず負ける事あります。逆に負けているトレーダーでも必ず勝ちトレードもあります。

勝ちトレードは勝ち、負けトレードも価値ある、そういう状態であればすべてのトレードに存在意味があり、無駄な時間が一つもない無敵な状態になります。

負けトレードに潜む宝石を見つける事もできるかもしれない。少なくても傾向を見つけて同じような失敗が減少する事ができます。

失敗は成長を否定しない

達成する途中で失敗し続けるでしょう。努力しているのに失敗し、暗いトンネルの中で進み感じで、光が見えない、前に進んだ感覚が時時も感じない、一番苦しい。辛抱強く耐えて努力し続けるしかない。

表面上何も変化ないけど、植物が土の中で成長しています。人生の成長も同じで、表面に表す前に螺旋上に上がるイメージです。同じ失敗を繰り返しても1ランク上のミスをしたかもしれないです。

教えられる答えが自分の答えではない

誰でも小さい頃から自分の外側に答えを探す。その答えが唯一の正解と思い込み、自分に無理やり合わせようとする。自分の性格と合わないので、同然うまくいかない。

唯一の正解がなく、本当の答えが自分の内側にある。自分自身の事をよく知り、自分に合ったものが正解なわけ。

まず自分の事を知る努力しなさい。

負ける時ちゃんと負ける

人間には「恐怖」と「不安」2つのマイナス感情があります。FXトレードのような綱渡りがその感情を顕著に現れやすいです。

シナリオをちゃんと立ててエントリー、方向も合っているのに、途中で少し逆行したら逃げ、結果に機会損失で悔しく、怒りを感じ、更にトレードして負ける。そういう事があるでしょうか。

自滅のループの入り口です。

損切りをしないとお金が増えません

正しく損切り基準を決める事で、それを達していない限りずっと利益を出るので、安心の状態を保てる。正しく負ける事が大事。

損切りライン前に逃げるセンスがある人が既に常勝の状態で更に磨かれてスキルが必要で、初心者を真似できるモノではない。下手に真似すると勝てる勝負も勝てなくなる。なぜなら初心者の逃げが感情的に不安や恐怖によるもので、本物の逃げは根拠があってロジカルな戦略によるものです。

損切りラインを決めて、正しい行動を繰り返すことで、これを守る事で利益を残るという自信が付いています。

偶然の勝利より必然の敗北を求める

FXにおいて偶然な勝利は百害あって一利なし。偶然性がギャンプルになり、ギャンプルで稼いたお金がギャンプルで失う。必然な敗北を見つければ後々得意パターンとして利益に貢献できる。

こういうことを意識できれば遅かれ早かれ得意パターン確率され常勝の日常になる。

速く動こうとするな、速いと知れ

「マトリックス」のセリフ。

「意識」と「現実」がよくあります。「意識」の先に「現実」を作られます。「現実」が目に見えるもので分かりやすいけど、「意識」が目に見えないけど、確かに存在していて、ものすごく影響します。

うまくやっている方は成功する前に成功できる事既に分かっていた。そういう状態になるには自分をよく知り、過去の体験から確信がありますから。

トレードにも同じ、選択に自信を持って、決断に力があるから勝てるか、勝てるから選択に自信を持つようになるか。私が前者と思っています。やり方ではなく、心のあり方が大事です。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

相場も波で構成され、流れもあり。毎日河の流れのように動いて、戦い、しかもトレーダーが入れ替わり、流れを作っています。だから飽きることなく面白い。

「キングダム」の王騎のように乱世が面白いのシーンを思い出します。

今できることを考えて実行する

「心のブレーキの外し方」のセリフ。

潜在意識の原則

■現状維持

■時間の概念がない。今しかない

■「ない」ものを理解できない

■答えをでるまで探し続ける

■出来事ではなく、その解釈を重視

その中に2、3、4番の原則を利用して、潜在意識を最大限利用します。

理想の自分を演じる

潜在意識を利用した成功のコツです。潜在意識の中既に成功している自分が存在しています。現実に表すために時間がかかります。

既に成功した自分の考え方や行動を想像して、演じることで潜在意識をフルに活用して、成功を引き寄せることができます。

負けの99%は自滅である

負ける時、特に自分のミスに負ける時、自分に腹に立て、どんどん無謀なトレードに走って、損切り一直線になります。後から見れば、どうしてこうなことしたんですかと思う。

流れが悪い時に丁寧にやる。一番いいのはゾーンの状態で、勝ち負けではなく、勝負自体に集中します。いかなる時でも丁寧にやる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました