Reactによるホームページ制作(Jqueryから進化)

ITエンジニア
スポンサーリンク

数年前までWebサイトの動きはほぼJqueryで制作しました。最近ではモダンのJSフレームワークが登場し、徐々にJqueryからモダンJSに傾いている感じています。

この記事ではエンジニアとしてずっとJqueryを使っていますが、最近ではReactでの制作が増えまして、今後もReactなどモダンJSがメインになると確信しております。Webサイト作る時、何を使うかを検討する時、役に立つと嬉しいです。


Reactとは

Meta(旧Facebook)社が開発したモダンJSフレームワークです。同じモダンJSフレームワークとして、Vue.jsとAngularが存在しております。3つの中現在Reactが一番人気です。

なんのために、Reactを誕生するでしょうか。

過去のJqueryでは解決できない課題がありまして、その解決するためにReactが開発されました。
細かい技術の話を省きます。

ユーザー目線のメリット

当初、自分が小規模WebサイトならJqueryでは十分作れますし、ユーザーにとってもどうな技術で作ったのは興味なくて、ユーザーに特にメリットがないと思いました。

Reactを使い始めて、ユーザーにとっては、UX体験を最高にできるメリットがあります。操作のスムーズ感があり、表示スピードも早くなります。

宣言的な表示方法、仮想DOM、Webpackなど最新の技術で、ユーザーの操作、表示を最高の体験にすることができます。本格的にUX体験を重視でWebサイト作るなら、モダンJSがベターの選択と思います。


ユーザー目線のデメリット

ユーザーにとって、デメリットもあります。それはReactで作れる人が比較的に少なくて、コストも高い傾向があります。Reactの思想からエンジニアでないと理解が難しいと思います。そのため制作費用が比較的高くなります。

自分がSwfit、SwfitUIなど最先端の宣言的記述言語も使っているため、すぐに馴染んでいますが、HTML、CSSだけの方には時間がかかると思います。

開発者目線のメリット

開発者目線では、メリットがたくさんあります。大きなメリットだけ記載します。

コンポーネント化(共通化)

HTML、CSSなど同じものを使う時に、コピーして使うだけと、Reactでは共通化できて、再利用しやすいです。同じボタンなど二度と同じコードを書けなくて済むため、コード資産も積みやすいです。

Webpackで最適化

開発終わって本番にリリースする時、CSS、JSのMini化、複数CSS、JSをまとめるなどの作業があります。ReactではWebpackをデフォルトで用意しており、コマンド一つで自動的最適化してくれます。

他にもVSCodeで開発に必要な便利のものがたくさんあります。


開発者目線のデメリット

学習コストが高そうです。生涯エンジニアとして活動するつもりの人なら日々最新の技術を勉強しますが、そうではない人では難しいと思います。途中で挫折する可能性が高いと思います。

結論:本格的Webサイト作るならReactにすべし

これから新しいWebサイト作るならモダンJSフレームワークを使った方がベターと思います。
それは最高なUX体験を提供できて、いい企業イメージをつくて、長期的に最適な集客手段になります。

私なら個人でWebサイト制作を受けます。サイト要件によりますが、15万円程度で作れます。興味がある方はお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました