週間FXナビ13 サラリーマンの優位性:待つ

週間FXナビ
スポンサーリンク

  2020年6月8日~6月12日の一週間

  このコーナは1週間トレードの振り返で、自分の反省でもあり、同じトレードする人の参考になれったらいいなと思います。

  チャートをずっと見れないので、主にNY時間の裁量トレード、偶に指値逆指値します。


見通し

ドル円

想定:先週の大陽線から、押し目買い選好。そのままの勢いで上がるか、押し目作って上がるかと思います。

結果:予想に反して結構売られました。1Hの下降トレンドが数日続いて上昇トレンドの下限も割りました。金曜日で少し反発。

ユーロドル

想定:先週のECBの大陽線でクライマックスの感じになり、今週がECBの波の中天井圏作る可能性が高い。難しい相場になりそうが、値幅があるのでトレードできる。

結果:想定通りで今週天井圏を作る一週間になりました。金曜日ネック割りました。

トレード

ドル円

月曜日

シナリオ:雇用統計の上昇波の起点でサポートされたら押し目買い

結果:起点を割れて、一気に先週の半値まで下がりました。ヒゲで逆張りしました。損切り。

火曜日

シナリオ:深い押し目になりそうで、押し目作ったら買い。

結果:1Hの移動平均基準に下降トレンドになりました。ノートレード

水曜日

シナリオ:1H移動平均抜けないと買えない。夜FOMCがあり

結果:1H移動平均抜けなくてノートレード

木曜日

シナリオ:既に107円割りました。売り目線を転換する人も出てきます。1H移動平均割れたら少し戻る波を狙う

結果:NY時間微妙に1Hで抜けた。次の足で買い。結局抜けないと判断する人が多く損切り。続いて、安値ブレイクで売り、伸びった所で利食い

金曜日

シナリオ:先日と同じ買いの反発待ち

結果:東京時間で1H移動平均ブレイクしました。戻った所で押し目買いしたいが、戻らなくてノートレード

ユーロドル

月曜日

シナリオ:先週のECB上昇波の中に動くと想定、現在押し目買いの所が、確信が無く、安値まで下がったら買うか、ネック抜いてから買う

結果:レンジ内でノートレード

火曜日

シナリオ:夜からチャート見始めました。押し目買い崩れて、4H移動平均も割れました。戻り売り狙う。戻り売り失敗したら買いを考える

結果:NY時間で戻り売りの所、売れる形になれなくて、ブレイクの起点も抜きましたので買い。その後売り手の諦めから一気に上昇しました。

水曜日

シナリオ:先週高値付近で、負けやすい相場になりそう。高値更新したら買いを考える

結果:高値付近でレンジ作り始めました。ノートレード

木曜日

シナリオ:高値付近レンジ中、値幅がありますので、引き付けてからの逆張り

結果:NY時間でレンジ下限から買い、伸びった所で利食い

金曜日

シナリオ:Wトップの二番天井からネック抜いて、天井試しからの戻り売り狙い。

結果:NY時間で、4H移動平均機能していて、切り上げラインして戻った所で売り。買いの抵抗が予想以上に強かったで一旦逃げ。その後買いの失敗の所で売り、売り手の諦めで売られました。キリ番付近で利食い。


今週の視点

  デイトレなら待つ事が仕事です。トレードする時間より待つ時間の方が圧倒的に多いです。サラリーマンなら日中仕事するので東京時間トレードできないので、自然に待つ事になります。時間効率がいいです。

  NY時間が動く事も多いので、それを取れたら十分です。今週のユーロドルが週足レベルの波が2つしかない、火曜日の上昇、金曜日の戻り売り、それ共にNY時間で取れる波で、自分と同じサラリーマンの方ならそれだけを狙ってトレードすれば利益を残せると思います。

  最後に雑談ですが、自分も株の長期投資もやっていて、ドル転も必要です。長期投資の場合、デイトレと全く考え方が違います。長期投資の場合基本売らないので、安く買う事がメインの仕事で、どうしても逆張りになります。外れてもそれでそれでまた買えばいいです。別々の仕事で、別々の考え方でやっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました