【簡単】支出が抑える方法3選:人生楽になる

息抜き
スポンサーリンク

  今回の話は資産形成上重要な話で、そして今すぐできる事です。

  自分が3年前位で支出を把握するようになって、抑える工夫しました。この記事が資産形成したいけど、中々目標が遠いと感じている方、とにかく支出を抑える方法を知りたい方に有意義な情報となります。

 


自分の支出

  東京在住で、独身、支出が下記となります。

月間年間
家賃¥41,000月間×12¥844,596
光熱費¥4,153飛行機代¥52,000
食費¥20,000お土産¥20,000
携帯¥705変動 
ネット¥3,025  
日用品¥1,000  
医療¥500  
合計¥70,383合計¥916,596

  月間最低7万円があれば現在の生活できます。年間100万以内で生活できます。平均支出14万円の半分位になっています。特に苦痛なく普通に生活しています。

人生楽になる

  支出が抑える事で人生の不安が小さくなります。メリットがたくさんあります。デメリットが特に思い付かないです。

生きる難易度が下がる

  月間7万円生活する人と30万円生活する人、30万の人がそれ以上稼げないと生きていけない心理状態で、心理負担が大きいです。そしていつまでも仕事しないと生活できない事になりやすいです。

FIREの難易度が激減

  FIREの基準として資産所得≧生活費。当然生活費が低いと達成しやすくなります。

年間5%のリターンとしたら、月間7万円得るため1680万円位の運用資産が必要です。

もし月間30万円得るため7200万円の運用資産が必要。雲泥の差になりますね。


具体的な方法

  支出抑える事いいと分かったけど、じゃどうすればいいでしょう。自分の経験からアドバイスします。

現状把握

  初めの一歩として、現在支出額が把握しましょう。把握できる人が恐らく2割位と思います。大勢の人が現在どれくらい生活しているかも分からない状態です。

  自分の3年前も分からなかったです。ぼんやりの状態で、当然改善点が見つかるわけがないし、見つかろうともしなかったです。

  家庭簿付けましょう。Excelで十分です。

楽にできる項目からやる

  通信費でしょうね。もしキャリアの携帯使っている人なら今すぐに格安に変えましょう。現在楽天モバイルがいいと思います。1年間無料でその後も安い方です。自分が以前別の格安SIM契約して、楽天の審査が通らなくて今のままになっています。

  もし楽天モバイルなら、今より700円位節約できるかもしれないです。

  食費が特に無理に削らないです、自炊できるようになったら自然にさがりました。特に現在コロナで外食したくない、殆ど自炊しました。

徹底排除項目

  徹底的に排除した項目があります。昔ストレスで酒を飲んでいました。現在基本飲まない、年1、2回位と思います。

  ドリンクが以前よくコンビニで買いました。全く浪費で、現在一切ドリンク買わないです。

  ジャンプや洗顔フォームを利用しましたが、石鹸で十分で、現在それしか使っていないです。

注意事項

  水道、光熱費が意識しなくていいです。生活の質を下がる可能性があります。

自分が特に意識してなく、必要の時使ってます。冬でエアコンもバンバン使っています。

まとめ

  行動しか未来を変える事ができないです。この記事を読んですぐ行動できる人なら何やってもうまくいく可能性が高い人です。

  もし役に立ったら幸いです。

関連の記事を選びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました