失敗し続けて耐えられないときの心理メソッド

マインド
スポンサーリンク

  新しいことを挑戦したとき、 頑張っているのに中々成果が出なくて、いつ成果が出るかも見通しも立たないことがありませんか。途中で挫折してやめた人がたくさんと思います。

  人生が時間で構成されているから未来がないモノを見切ってやめるのは悪いものではないと私が考えている。だけどもう少し継続できたら光が見えるのにやめるのはもったいないので、そういう人達に背中を押したら、自分にも引き締めるため、この記事を作成しました。

 


失敗は成長を否定しない

  成長曲線のように、実感できる成果を出すまで非常に長い時間がかかります。大きい波の底値圏みたいのもので、ネックラインをブレイクするまで上昇しない。ブレイクさいすれば上昇トレンドを始まって、勢い良く上がる。それをまず知って、心構える。

  他にも似た例えがあります。植物が芽が出るまで、長い時間で土の中で成長する必要があります。飛行機が空に飛ぶには長い助走が必要があります。

才能がある敗者

  「デイトレ」の本に出現したセリフで、読むたびに心に癒やされます。誰でも失敗する、失敗しないと成功できない。そうすれば成功の方法を求めじゃなくて、どうやって効率よく失敗し、乗り越えるかが重要で、まさが才能がある敗者に成功する。

  現在敗者であれば、自分を磨き、才能に開花して、這い上がりましょう。


絶対世界

  現代の世界が社会の中で生きていて、いつも他人と比べて自分のポジションを意識しかちです。小さい頃で成績、社会人になったら年収どか、自分がどこにいるかを気にして、一喜一憂する。

  他人は他人、自分は自分。他人に人生に振り回されるのは御免。他人と比べるのはやめ、昔の自分、先月の自分と比べて、絶対世界に生きた方が余計なストレスを溜まらなくなり、幸福度あがります。世の中に芸術家という人種があり、その人達が自分の世界に生きてかっこいいなと思います。

自己肯定感

  暗い闇にいる間、焦りして、駄目な所を拡大して、ネガティブな感情に染まって、自分が駄目人間と思い込んで自己否定して、駄目な行動して、更にマイナスな結果に引き起こして、負のサイクルに入り込んでしまったら中々抜け出せないです。

  特に真面目の人間が落りやすい状況です。成功した人が自分を嫌いな人がいないです。自分を嫌いにならないやり方を工夫する必要です。じゃどうすればいいですか。

小さい目標設定

  短期間で小さい進歩に目を向く、些細なことでもいいし、例えば自分の負けパターンを一つだけを克服しようとか。少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。その感覚があるうちに落ち込んだりしないし、ノリノリの気分です。

感情と切り離す

  望ましくない状況の中、同じ誤りを繰り返している中、怒りや悲しみなど負な感情に支配されかちです。

  私も長い期間負け続けていました。負けるとき、マウスを投げるような怒りの衝動に襲われるけど、そのとき思うのは感情が自分の本心じゃない、自分じゃない。一旦チャート見なくてアニメ見るとか、寝るとか。大体一晩寝れば忘れます。そして新しい自分が始まります。


本物の課題を見つける

  行動しか未来が変えられない。自分の現状を分析して、問題点を見つけて解決する。その一連の行動で未来をちょっとつづ変えられます。

  間違った問題点を見つけるのは一番厄介なもので、自分も経験したことがあるけど、表面的な問題点が課題として認識、一生懸命頑張っても空回りして中々上達しない。シャーツの第一ボタンのかけ違うのもので、違和感があるけど、最後で気づくです。

  じゃどうやって本物か偽物かを区別できるか。自分で気づくのは今までの経験によるもので、最初は時間かかってもいいので自分が気づけるなら一番いいと思います。挫折しそうなら、信頼できる経験者にアドバイスをもらうのもいい手段です。

まとめ

  自分の力で新しいことを始めるなら誰でも水面下で辛い期間を経験したと思います。この記事でそういう方達に正のエネルギーを送れたらいいです。

  ちゃんと不幸を生きた人だけ幸運が訪れます。長々旅の先に満開な花の山に辿り着くことを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました