【GMOクリック証券対応】トレードノート自動生成ツール

道具
スポンサーリンク

トレードノートが毎回手動で作成するのは嫌で、

自動的に作成する方法があったら楽で嬉しいな。

トレード履歴から自動的にトレードノート作成するツールを公開します。役に立ったら嬉しいです。

機能

●取引履歴から整形【GMOクリック証券対応】
●チャート画像を自動的に取り込み【MT5対応】


【GMOクリック証券対応】自動トレードノート生成ツール

ツール紹介

トレードノートは、自動的に作る部分がたくさんあり、それを実現するツールです。

■トレードの詳細の情報:日付、通貨、枚数、損益Pips……

■複数時間足のチャートの貼り付け

このツールによって、時間を獲得でき、より重要なことに使える事にできます。

前提条件

■Excelを利用すること。ツールはVBAマクロのためExcelのみ対応。自分と同じトレードノートを利用すれば問題ないです。

■MT5を利用すること。チャート画像がMT5の画像を取り込む。

機能紹介

取引履歴から整形【GMOクリック証券対応】

GMOクリック証券の取引履歴から自分のトレードノートのフォーマットに整形。

下図のように左が取引履歴、右が整形されたデータ。

右のデータをトレードノートに貼り付けするだけです。

部分的に決済にも対応して、まとめて整形されます。

チャート画像を自動的に取り込み【MT5対応】

MT5のチャート画像を自動的に保存して、

トレードノートに新規シート作り、指定フォルダの画像を取り込み。

生成されたシートが下記のようになります。

複数画像を連続で取り込みできます。

ご使用方法

ダウンロード

下記のボタンからVBAツールをダウンロードしてください。

設定

■macro.xlsmを開き、下図「開発」→「Visual Basic」でVBAを開き

※「開発」タグ無い場合、[開発] タブを表示するを参考して設定してください。

■下記の「約定履歴のパス」を自分のCSV履歴の出力パスに修正

※GMOクリック証券の約定履歴CSVを上記パスに出力

    '全部計算必要ない、必要な行数設定
    customRowNum = 35
    
    '約定履歴のパス
    Const Path As String = "C:\Users\XXXX\Documents\"

■下記のパスを画像フォルダのパスに修正

    Const shotPath As String = "C:\Users\XXXX\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\D0E8209F77C8CF37AD8BF550E51FF075\MQL5\Files"

■ショットカット設定

「開発」→「マクロ」で開き、「オプション」で設定できます。

■sya.ex5をMT5に取り込む

利用

取引履歴から整形

■GMOクリック証券の履歴をCSVファイルを出力

■macro.xlsmを開いた状態で、ショットカットを押せば、ツールを動き、履歴を整形

チャート画像を自動的に取り込み

■MT5で、「P」を押せば、日足、4H足、1H足、15分足のチャートを自動的に保存されます。

保存場所:C:\Users\XXXX\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\XXXXXXXXXX\MQL5\Files

■macro.xlsmを開いた状態で、ショットカットを押せば、上記保存された画像を取り込みますう。


まとめ

このツールはGMOクリック証券対応で、口座持っていない方なら口座開設から利用してください。

当初自分用にツール作って、何回も修正して現在の形になっていました。無料公開するかとうかが迷ったけど、人を喜んで貰う事をこのブログの理念ので、公開する事になりました。もし役に立ったらコメントいただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました