【有料級】FX裁量トレードのやり方

FXトレード

裁量トレードのやり方を知りたいです。
トレードスタイルを固めていないだけ参考になるやり方を知りたいです。

「やり方」が世の中無数に存在しており、相場観養えばオリジナルのやり方でも作ればいいと思います。テンプレートがなければ作れにくいため、自分の裁量トレードのやり方を紹介します。参考になれば幸いです。

この記事のポイント

●シナリオ作成
●セットアップ(タイミング取り)
●エグジット

【有料級】FX裁量トレードのやり方

シナリオ作成

まずシナリオ作成します。シナリオがトレードの前提で、前提が間違っていれば最後まで間違います。シナリオがトレード成敗の6割を占めしていると思っています。

シナリオ作成は相場の全体を俯瞰し、現在地を確認する。売り買いの関係を明確し、強弱関係も確認。そこからプランを建てる。使用する足は週足、日足、4H足、1H足。

例:EUR/USD 日足

縦線の所からシナリオを作成します。現在は日足レベルの押し目買いで高値抜けました。上昇トレンド継続。買い>売り。週足の左を見れば分かるけど次の週足レベルのレジスタンスまで上昇する見込みです。リワードが十分ありますため、ならば押し目買い選好のシナリオになります。

4H足(週足のロウソクを表示)

1H足(日足のロウソクを表示)

先日陽線で高値更新。押し目の所まで待ってから買いのシナリオ、押し目まで売りのシナリオ、この2つシナリオ立てます。初心者は押し目買いだけでいいです。押し目候補としてフィボナッチを利用、浅い所は38.2%、普段なら50%と61.8%。でも1Hの移動平均を機能する場合もあります。

これでシナリオを完成します。押し目買いのシナリオで、押し目候補を予測し、そこまで待つ。

セットアップ(タイミング取り)

シナリオのレードで指値や即エントリーが裁量トレードのメリット利用していないで良くないです。エントリーの極意は基本ブレイク使い、短期的優位性確保。シナリオ通りの動きではない場合エントリーしない時たくさんあります。無駄のトレードを避ける最後の防衛ラインです。

やり方は短期足を使う。15分足、5分足

例:先シナリオの所のEUR/USD 15分足

欧州初動で打ち消し足出現、1H足で上髭確認、次の足で売れます。初心者は押し目まで待てればいいです。

次、キリ番の所まで下がり、1H移動平均も上がっている、最初の押し目候補で、ここの動きを確認。15分足ネックラインをブレイクすることを確認して次の足を高値抜けた所でエントリー。ここを逃したら押して15分足の下ヒゲ見て押し目買いすればいいです。損切りは押し目の下に設定。

最初は38.2%位有力の押し目候補と思ったけど、1H移動平均サポートで上がりました。短期足を見ればエントリーできます。

エグジット

トレードはエグジットしないと完成しないです。最後までミスしたら、折角シナリオ通りに伸びたのに数Pipsでチキン利食いしたり、利食い損ねて損失に変わったりにします。

損切りの基本はシナリオ崩れた所で設定、利食いの基本はシナリオ通りの目標レード手前で設定。

ポジション持つと人間の判断力を下がります。そこ裁量判断のミスする可能性が高くなります。OCOで対応すれば十分できます。

例:先のEUR/USD

損切りは押し目の直下に設定すればいいです。
利食いについて上昇波の目標として週足レベルのレジスタンス1.215付近のため、時間が掛かりそうで手前の1.214で設定すればいいです。もしポジションを持ち越したくない人なら、キリ番の所の反発で利食いしてもいいです。

まとめ

裁量トレードのやり方を紹介しました。基本的にこれだけできれば相場で十分戦えます。結構有料級の話したと思います。内容を理解して実戦できれば勝ちトレードになれるはずです。

ではまたね~

コメント

  1. とよ より:

    MTF分析でのエントリー方法の参考とさせて頂いています。
    1点質問なのですが、
    タイミング取り時の短期足で、15分足と5分足を使用すると書かれていますが、
    その2つの使い分けはどういった点なのでしょうか?
    勉強中の身からすると、
    説明で書かれているように15分でよいのか?
    それとも、場面によって5分でよいのかが、気になっております。

    • hitchhitch より:

      コメントありがとうございます。
      1H以上の波を狙うなら、基本15分足でいいと思います。
      5分足で変な所で入ったりポジポジになりやすいです。

      指標など大きく動く時、15分足だと損切りまで値幅遠くて5分足使っています。

タイトルとURLをコピーしました