【捨てる事7選】FXの上達が捨てることから始まる

FXトレード
スポンサーリンク

FXの学習が決まった教科書が存在しなくて、膨大な情報から片っ端しから勉強する事になります。いつの間に知らずにあれもこれもすべてを手に入れたくて、結局何もできない自分の存在に気づきました。

それを気づいて余分の物を取り除いて捨てまくて事で、最後残っている事がシンプルで基本的の物で最初から知った事ばっかりで驚きました。そして本当の勉強が始まりました。

過去の自分のように回り道せずに上達するため、この記事を活用できたら幸いです。

この記事のポイント

●捨てるの重要性
●FXで捨てる事7選
●残っている事3選


捨てるの重要性

FXの世界が普段生活した世界の常識が全く違います。
例えば普段仕事で時間かけて報酬貰う事が常識だけど、FXの世界で数分で意思決定し数分~数時間で大きなお金を稼ぐ事(損失)が可能の世界です。努力も同じで、普段で努力することで評価されたけど、FXの世界では全く関係なく、何日考え抜いたけど最終的に損失になる事もたくさんあります。

なので一から勉強しなければいけなくて、人間が同時に幾つの事を上手にこなす事ができない構造なので、一つに集中するために他の事を手放す必要です。余計なものを取り除いて、残っている事を大事にできます。

FXで捨てる事7選

個人で捨てた事をリストしています。昔の自分に忠告したいです。

1、膨大の情報

Youtube、ブログ、商材などたくさんの情報を存在していて、取り込む事が勉強と思ったけど、全く違います。たくさんバラバラの情報で、しかもスタイルも違う人の情報で矛盾も生じて頭が混乱してしまう。正しい情報はあくまでもチャートその物で、チャートの疑問がチャートに聞けばいいです。

膨大の情報をインプットが捨てましょう。自分にあったスタイルの情報を一つに絞りましょう。

2、スキャルピング

1分足中心で数Pips取る方法で、どうな相場環境でも関係なく、どうな時間帯で関係なく、間時間でサクッと稼ぐ事を魅力を考えた事があります。FXを全く理解していない簡単と思い込んで舐めきった発想でした。

やはり時間軸短いほど考える時間が少なく、決断をシビアに要求されて、難しいです。そしてトレード回数を増えると手数料も馬鹿にならなくし、集中できなくなりますし、どんどん不利になり負けやすいです。スキャルピングを捨てましょう。

3、どうな波でも取る

波には違う性質があって、トレンドの推進波は素直な波になり、調整波には不安定な波になり、またレンジの時に行ったり来たりの波になります。毎日20Pips取るぜと義務付けのように考えたら、どうな波でも取ろうとします。結局どの波でも取れない羽目になりやすいです。

ブレイクの途中、飛びつく事がよくありました。結局すぐに戻ってしまって損切りになる。一つ波を絞ってそれだけを取りましょう。他の波を捨てましょう。

4、1分足、5分足の監視

上位足で大事と分かっても、ちゃんとシナリオ立てても、1分足や5分足をずっと監視すれば魔法のようにたくさんチャンスに見えます。根拠なしに思わずポジってしまう。
人間の脳がRASの仕組みがあって、見たい物しか見えないことになっています。

1分足、5分足のチャートを表示しないようにしましょう。最低でも15分足にしましょう。

5、できない事

人間には弱点があるには当たり前で、それを克服する努力するには正しいと思います。でも諦める事が悪い事でもないと思っています。何回も同じミスを繰り返して、克服するためにあらゆる事を実施でもうまく行かない事もあります。その時一旦諦めて、代替できる物を試しする事も道が開く事もあります。

個人が裁量トレードの逃げがうまくできなく、ミスするとポジポジ病のトリガーになりやすいため、OCOに変えました。

6、インジケーター

インジケーターが無数存在していて、選ぶのは時間の無駄です。それは勉強と勘違いしやすいけど、全く違います。インジケーターがすべて要らないと思っています。インジケーターを捨てましょう。

7、ファンダメンタルズ分析

株の長期投資なら企業分析が必要です。FXの世界で8割以上投機目的の参入で、しかも短期売買でファンダメンタルズ分析が全く要らないです。
重要な経済指標の発表時刻が事前にチェックする必要だけど、予想はしないです。
●雇用統計、ADP雇用統計 ●FOMC ●GDP ●小売売高 ●物価指数

ファンダメンタルズを捨てましょう。


残っている物3選

捨てる事で、頭がスッキリして、残っている物を大事にできます。自分が残っている事をリストします。

1、シンプルな手法(押し目買い/戻り売り)

誰でも知っている手法で、基本中の基本で、だけど誰もできる訳ではないです。最後に残っている手法は結局これで、途中色んな事を試した事が何なると思ってしまいました。

2、良書

読書がいい習慣で、自分のあたまで考えることができます。大学卒後後あんまり本読まない時期がありました。現在もっと早く本を読めたらいいなと思いまして、10冊/週位読んでいます。

3、自己分析

トレードノートや検証ツールで自分のトレードを分析する習慣。「意図的練習」とても呼びます。こうしないとトレードは上達できないです。
自分のミスの原因を探して、対策して、疑問点を潰して、練習する。このサイクルが大事です。

まとめ

シンプルが一番。自分が好きな言葉で、FX以外生活や仕事でも余計の物を手放してから大事の物を見えてきます。本質がそこにある事を気づき始めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました