ドル転のベスト方法:SBI外貨積立(レートの上限設定)

スポンサーリンク

  米国株投資する以上、投資信託なら円で直接買えるけど、ETFや個別株ならドルで買うことになるので、ドル転が必要。以前自分がタイミングを見ってドルを買ったけど、最新自動的にいい方法があるので紹介します。

  結論からいうと:住信SBIネット銀行の外貨積立(レートの上限設定

 


各社ドル転コスト比較

ドル転方法為替手数料(片道)備考
住信SBIネット銀行預金4銭キャンペーン時0
住信SBIネット銀行積立2銭キャンペーン時0
SBI証券25銭 
楽天銀行、楽天証券25銭 
マネックス証券25銭キャンペーン時0
SBI FX0.2銭最低1万ドル~

  キャンペーン以外、SBI FXがコストが一番低いけど、最低1万ドルので、107万円くらいの単位ので手軽くないです。為替が長期な予想ができないので小さい単位にしたいです。

  そうすると住信SBIネット銀行で一番現実になります。

住信SBIネット銀行積立おすすめ

  ポイントは「レートの上限設定」できること。

  今まで積立利用していないのは自動的買う時、高値掴みになるのは嫌です。

  自分がデイトレやっているのでドル円の動きが知っています。下がったタイミングで外貨預金で自分で手動でドル転しました。平均買付レートが107円くらいでした。

  レートの上限設定で107円を設定すれば、107円以上で買付しないことで、いいレードで自動的に買うことができる。素晴らしいです。

  更に現在キャンペーン中で手数料0です。


注意

購入上限レートは設定・変更の11ヵ月後の月末に解除されますので、改めて設定していただく必要があります。

外貨積立でドル転する方法

  最初は外貨積立のメニューを見つかりにくいので、ナビします。

  「外貨普通預金」から左のメニューから「外貨積立」を選択

  その後は「申し込み」すれば画面の指示で簡単に操作できます。


住信SBIネット銀行の米ドル→SBI証券

  住信SBIネット銀行のドルをSBI証券に振替して、株を購入することになります。

最初はやり方が分からないことが多いので、ナビします。

  その後画面の指示で進めればSBI証券にドルを振替られます。

  最後自分が株の投資がSBI証券を利用しております。ドルのコストが一番低いのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました