週間FXナビ21 波の性質

週間FXナビ
スポンサーリンク

 2020年8月3日~8月7日の一週間

  このコーナは1週間トレードの振り返で、自分の反省でもあり、同じトレードする人の参考になれったらいいなと思います。

  チャートをずっと見れないので、主にNY時間の裁量トレード。


見通し

ドル円

想定:先週末から大きいヒゲを残しました。買い選好。押したら買いたく、マックス105円まで押される可能性があります。

結果:一回浅い押し目買いで高値試した後戻り売りされて、上昇波の半値で押し目作って、金曜日の雇用統計で上がり始めました。現在押し目買いの途中になります。

ユーロドル

想定:随分高くレードになりましたが、安易に売ることできなくて、時間をかけて天井圏になったら売りを考える。先週高値目指した押し目買いをしたいです。

結果:押し目作って、水曜日で押し目買いされて先週高値目指した高値試し完成。その後天井圏の動きで下がりました。

トレード

ドル円

月曜日

シナリオ:押しを待って買いたいです。

結果:浅い押し目で買われました。NY時間で15分の小さい波で買い。高値で利食い

金曜日

シナリオ:上昇波の半値付近で押し目作っている。ネック抜いていない状況で、今日雇用統計の日でした。買い選好でネック抜いたとしても戻り高値があります。押される可能性も考慮

結果:雇用統計でネック抜いた1波で飛び乗り。戻る2波をない事を期待したが、戻り高値で戻されて損切り、ミスしました。最後にこの波の性質を深堀りします。

戻ってから三波狙いで買い。雇用統計で1分足を使い、波反転するタイミングで買い。キリ番で急反発で利食い

ユーロドル

火曜日

シナリオ:買うなら4H移動平均を上抜いてから買いたい。逆に安値試しの売りを考慮します。

結果:NY時間で4H移動平均からの戻り売りされて、小さい波で安値目指して売ってみたけど、安値切り上げて損切り

水曜日

シナリオ:先日の安値切り上げて4H移動平均をうわ抜けました。先週高値目指して買い選好

結果:欧州初動の押し目買いでチャート見れなくて入らなくて、NY時間前の15分の押し目で買い。先週高値で利食い。


今週の視点

  波では性質があります。その波の性質を探求することがトレーダーの仕事です。そういう探求心があればぶっちゃけどの仕事でもうまくいきやすいと思います。

自分も波の性質がエリオット波動で判断しています。

・1波目:突破力あるが、長続きしない、ネックを抜いた時点で役目終わる

・2波目:戻る波で、2波目終われば転換、継続したら転換失敗

・3波目:転換の初めの波で、一番長続きして伸びる波

・5波目:天底形成になりやすく、短命な波

  負けやすいパターンとして、1波目の途中でエントリーし、すぐ2波目にやられて、ポジポジ病発病して、三波入った時疲れて乗り遅れる。今週の雇用統計のドル円もそういう場面でした。

雇用統計で特別1分足使えます。普段が使わない足でそこ注意が必要。

雇用統計でネック抜いた1波途中乗りしても、すぐに利食いしないと損切りになります。そこに目線泳いたら売って又損切り。結局転換の三波乗れなくて損失のままでした。

慣れないうちに1波を捨てて、三波だけを狙いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました