在住10年感じた日本の良い所5選、悪い所3選

在日生活

  自分が2012年から日本に来まして、10年弱位日本に住みました。肌で感じた良いところ、悪い所で整理します。最後まで楽しんでください。

 


良い所1:医療に安心感あり

  自分が日本に来て1年目、小さい日帰り手術を受けたことがあります。当時左も右も分からない状態で、日本語も話せだがうまくないです。医者が丁寧に説明してくれますし、手術前に看護婦さんが「大丈夫です」言われて安心した記憶があります。

  日本が処方した薬の量が控えめで、中国では手術後の感染を防ぐため1週間点滴したことがあって、そして胃も悪くなりました。日本では最低限な薬を処方されます。

  最近知りました。日本の救急車が無料です。休日とか夜間とか急な病気で病院に行きたい時、救急車を呼べるのは安心です。利用方法が119です。間違いないように、110は警察の連絡番号です。緊急の相談窓口もあるので、不安な時相談して緊急度を判断して貰ってもいいです。

良い所2:弱小者に優しい

  日本に来て1年目の所、健康保険料がめっちゃ安かったです。1000円/月位で同じ3割負担で医療を受けます。後、年金でも免除の制度があり、自分1回転職したことがあり、年金半年免除されました。他にもいろいろあります。

  日本が弱小者に対して色んな制度で優しいです。まぁ外国人にはいつも弱小のままではビザを更新できないので、そんなに恩恵を受けれないです。

  後子育てもいいらしいです。保育園も無料です。


良い所3:礼儀正しい

  日本の習慣で、人と人の挨拶とか、振る舞いとか、礼儀正しいです。普段で居心地がいいです。中国にいる時、店員さんとか街の人とか時時態度が悪くて腹立つことがあります。日本に来てからなくなりました。心が穏やかになり、余計なことに気を取られなくなりました。

  市役所など公的機関で手続きの時、やり方を丁寧に説明してくれますし、スムーズにできます。中国だと態度だけ悪くて働かない人が多い、謝礼を渡さないと難癖をつけられる。

良い所4:治安が良い

  自分が10位住んでて、特に犯罪が少ないと感じています。なので、財布が後ろのポケットに入れても問題ないし、部屋の鍵もかからなくていいです。住みと安心しますね。


良い所5:比較的に自由

  日本に住んでて当たり前になりますが、グーグルやYoutubeなど良いサービスを自由に利用できるのはいいですね。中国ではアクセスできないです。毎年帰省した時、利用できなくて困ります。

悪い所1:税金が重い(中層以上)

  日本には弱小者に優しいけど、中層以上になると厳しいです。各種税金や社会保険料がとにかく高いです。そして今後も高くなるトレンドになります。中層になると所得税(20%~)、住民税(10%)、社会保険料(15%~20%)。おまけに消費税10%、タバコ吸う人なタバコ税、家を買う人なら固定資産税、資産残っしても相続した時相続税。

  普通にサラリーマンをやったら、税金天引きされ、どんどん取られます。いやでも税金の知識を付けて、税金対策しないと損します。


悪い所2:仕事で顧客対応厳しい

  日本のサービスがいいと評判があります。確かに顧客としてサービスを受ける側にとってはいいです。逆に仕事として、サービスを提供する側になると逆になります。丁寧に説明しないと行けないし、納得するために余計な資料を作る必要があるとか。納期や品質にも厳しいです。

悪い所3:地震が多い

  日本に住むとよく揺れます。長期住むには最大のリスクです。いつ来るは分からないし、来るかどうかも分からないです。コントロールできないものは諦めて最低限の地震発生時の知識や対策を学んでいきましょう。

まとめ

  感触として、住みやすい国だと思います。特に医療や治安、食べ物など根本的な部分が安心感があります。お金が持ってあれば、日本で住んたら最高と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました