【完全解説】株式投資方法整理、高配当株を選択する理由4選

株(長期)
スポンサーリンク

  株式の投資方法を一度整理して、どうな投資方法があるかを知り、自分に合った投資方法を選択し継続することが重要です。そして自分が高配当株に選択する理由も話します。

 


株式投資方法

難易度:トレード>高配当株投資>インデックス投資

トレード

  値動き中心で、値幅で利益を出す方法で、一番短期的に稼げるやり方です。スキャルピング、デイトレ、スイングなど時間軸が違うし根拠も違うけど、本質的に一緒です。でも投資より投機です。資産にならなくて、軍資金稼ぐに向いている。

  トレードするなら株より為替の方がいいと思います。流通性が高く、取引時間も長く、レバレッジを効く。でも一番難易度が高くて、スキルが必要で、自分がトレードが事業と同じで、改善し続ける必要です。

  自分が投資で買った唯一の本が「デイトレ」で、10回以上読みました。トレーダー目指したら必要です。

インデックス投資

  インデックス投資とは指数を連動した動きのファンドを投資することで、市場の平均を目指します。日本の指数日経平均225、米国の指数S&P500など。

  指数選択間違いなければ万人に勧めるやり方です。投資タイミングを図る必要なく、銘柄分析も必要なく、定期買付設定すれば自動化もできて時間を取らない、しかも長期的市場平均の成績を出せます。

  歴史から見ればS&P500が上昇トレンド中で、一番簡単な指数です。

高配当株投資

  平均より高い配当利回りの株を選択する投資方法です。配当利回り3%以上が高配当と呼んでいます。

  キャッシュフローを中心する投資家が人気です。数ヶ月で自動的に配当金を貰えます。難易度がインデックスより高くて、投資タイミングの選択や企業分析が必要です。

その他

IPO投資

  IPO投資とは、IPOで上場する株を上場前に購入する投資方法だ。上場前ので情報も少ないし、チャートもないです。一般人を手を出す投資じゃない。

優待株投資

  日本株特有の株主優待制度があります。優待目当てに株購入することが優待株投資です。少数でいいけど、資産形成のメインではないです。

高配当株を選択する理由

理由1:キャッシュフロー最大化

  総資産1億目指すより月10万貰う方を選びます。1億有っても切り崩して生活して、減る一方で楽しくないです。元本を維持して定期的にキャッシュを生むのは楽で自分に合っています。

  インデックス投資の方も配当金があるけど、利回りが低く、少ない資金の中生活するのは何十年かかります。

理由2:生活がよくなる

  配当金が重要な収入源の一つで、お金が増えれば、使ってもいいし、再投資してもいいです。しかも労働しなくていいので、生活のハードルが下がります。生活が豊かになる実感があります。

理由3:出口戦略考えなくてもいい

  高配当投資で配当金狙うので、基本売ることを考えなくてもいいです。ETFなら運用会社がリバランスしてくれます。個別株であれば会社が根本的問題ない限り売る必要ないです。

  トレードであれば、損切りラインの設定が必須ですし、エントリーの前に出口戦略が考えないと行けないです。インデックス投資であればいつか売らないと行けないです。

理由4:株価に一喜一憂しない

  高配当投資で、買うタイミングが重要ですが、株価下がっても配当金を増えればそれで安心材料です。目的達成できれば、正直株価が最重要ではなくなります。

  もちろん株価の成長を放棄している訳ではないです。

  今回のコロナショックで、もし2月暴落前に買った場合、トレードするなら必ず損切りします。インデックス投資であれば、ルールにより恐らく3月、4月二回買った。

高配当投資であれば、その前あんまり買わなくて、3月から大量に仕込むはずです。


まとめ

  今回株式投資方法を紹介しました。自分に合った方法を選択すればいいです。最初が分からないので、試しにやってみる徐々に自分にあうかを感じれることをできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました